社会人経験を活かして公務員になる

公務員の募集は新卒に合わせたものだけではなく、中途採用も行われています。企業の中には新卒よりも中途採用を重視する会社が存在します。社会人としての経験があるということは、それなりのノウハウを持っているとみなされるためで、別業種のノウハウや即戦力が欲しい企業が行うものです。新卒というのは、それまで学生でしたので当然社会経験がありません。

それぞれの才能を見つけ、どのように育てるといった手腕が問われることですし、なにより会社の未来を作るのは新人たちです。ですがそれは逆にいうと、真っ白の状態で、仕事を覚えるまでは役には立ちません。未来の会社の利益ですが、現在の利益ではなく、あくまで投資なのです。公務員も種類によっては、専門職が持つ資格や民間経験者の知識が必要なときがあります。その人材を確保するために、中途採用は行われているのです。

ですがイメージだけで中途採用されることはお勧めできません。公務員やよく、安定している、休みが多い、定時で帰れるなど民間に対し楽なイメージが持たれていますが、実はそうではありません。

確かに安定はしていますが、種類や部署によっては残業が多いところもありますし、なにより利益を追求する民間と違い、公的機関ですので無理難題をいわれることもあり、大変辛いことも多いのです。すべての公務員がそうだとはいいませんが、決して楽なイメージは持たないようにしてください。また中途の場合は仕事をしながら試験勉強を行う人がほとんどですので、新卒以上の努力は必要になるでしょう。